母の日に貰った胡蝶蘭を管理する方法

胡蝶蘭に限らずですが、花は比較的寿命が短いので管理方法が重要になります。管理次第では数日で枯れてしまうことも考えられますし、逆に上手に管理すれば二度咲きなど長い期間楽しむことも可能です。実際にプレゼントとしてもらった胡蝶蘭をできる限り長く楽しみたいと思っている人も多いでしょう。ここでは管理方法について紹介をします。

まず注意したいこととしては、ラッピングを取り外すことです。プレゼントとして渡される胡蝶蘭は、ラッピングがされていることがほとんどです。水やりを行う場合、ラッピングしたままだと蒸れますし、多湿になってしまうのでカビなどが発生する原因にもなってしまいます。それを避けるためにはラッピングを取り外してから水やりを行うことが重要です。

続いて知っておきたいことは、胡蝶蘭の置き場です。胡蝶蘭に限らず、花はどこに保管してもいいというわけではありません。特に注意したいことは室温です。胡蝶蘭は10度以下になると枯れてしまう可能性が高くなります。そのため、15度以上を目安にして保管するようにしましょう。また花の鉢はレースのカーテン越しに日光が当たる程度がいいと言われています。

このように、管理の仕方で花の状態は変わってくるので、長く飾りたいなら注意しておくといいでしょう。